忍者ブログ

LOVE SEED

ガンダムSEEDファンブログ
NEW ENTRY
07 2017/08 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 09

08/20/18:45  [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

07/05/04:05  お知らせです 通販をお申し込みされた・・・

まずは・・・お知らせを。
2日前に通販をお申し込みされた小牧様へ。
こちらからその後の連絡メールを送りました、が、宛先不明というお知らせが戻ってきました。
思案して再度ご連絡の方をいたしましたが、此方からのメールは届きましたでしょうか?
すみません。
届いていないという場合は、もう一度拍手コメントにて、其方のメールアドレスをお知らせ下さいますよう。
宜しくお願いいたします!
 
 
☆☆顎さんへ☆☆
 
届いたよ・・・というお知らせ、ありがとうございます!
お元気ですか?
いきなり贈りつけてしまってすみませんでした。
でも是非にさし上げたかったので。
夏の大阪、皆様と共にコミケに出られるのかしら?
また顎さんの美麗絵が見たいですよ^^
それではまた~☆

拍手[0回]

PR

06/20/23:18  OPENさせました☆


20日の11時。
つい先程、通販の方開始させました。
一応ご連絡までに・・・!

拍手[0回]

06/20/08:20  無事に届きました♪


『花橘の重ね 中ノ巻』が無事に製本となり我が家に到着。
予告通り、通販は今晩の午後11時開始したいと思います。
もしも欲しいと言う方がおみえでしたら、
要望欄に(アルビレオにて配布したアスカガ大学生時代の小話)『熱伝導』を希望・・・とお書きくださいませ。
一応、入金方法はゆうちょ銀行のみの取り扱いとなっております。
(ゆうちょの口座をお持ちの方は手数料要らない筈です。
そうでない方は申し訳ありませんが、手数料を自己負担でお願いいたします)
・・・と、コンナ感じで連絡終了。
でも多分、慌てなくても大丈夫。
在庫的に少ないのは、『花橘の重ね 前ノ巻』(残り10冊)のみです。
それにしたって、一気に無くなる事は無い筈です。
まったりゆっくりとご健闘の末、ご注文下さいますよう・・・☆

拍手[0回]

06/15/03:13  花橘の重ね 中ノ巻 紹介


通販についてですが、とりあえず6月20日の午後11時ごろをメドに開始しようと思っています。
恐らくですが携帯からも注文が出来るようになっている筈です。
OFFLINEをクリックして頂ければ繋がると思うので・・・。
(自分でも一度試してみますね^^)
 
新刊である『花橘の重ね 中ノ巻』について。
挿入されているのは・・・
 ☆桃の花ノ編   ☆焔情の編    ☆変化ノ巻(書き下ろし)です。
ここで少し、変化ノ巻についてのご紹介をば・・・。
書き下ろしSS『変化ノ巻』、ページ数41P。
このお話が大人表現を多大に含むので・・・中ノ巻は18禁本となっております。
アスランとカガリのエロシーンは、『変化ノ巻』の約4分の1。
(↑これを書くのに、多大な時間を費やしましたww)
では、以下は冒頭部分のご紹介です。


恋は人を変えると言う

それ程に、惹かれた人の心は夢中となり
その相手の元へと想いを馳せる

あまりパッとしなかった者が
ある日を境に、突然まるで羽化した如く綺麗になったり

酷く弱腰で頼りない印象であった者が
妙に凛とした雄々しさを身に備えたりと

十人十色

その変化は、その者が嵌った恋の形に添い従う

それ程に、恋とは凄まじい力を備えている、不思議なモノ・・・


「コニール?どうかしたのか?」
自分よりも後にこの殿へとお勤めにやってきたその者が、何故だか妙に気を沈めているような姿が目に入り、私はふと声をかけた。
2つ歳下の彼女は、その童顔の所為でかなり若く見られがちだ。
そんな娘の行く末を心配した父君と母君によって、かなり無理矢理に宮中への出仕を強いられたらしい。
当初、中宮シホ姫様の元へ挨拶にやって来た彼女は、それは酷い仏頂面で、止む無く古参の女房等の不評を買い捲ったのだ。
だが寛大かつお優しいシホ様は、そんなコニールの為にと私とミリィを指導役に抜擢されて・・・。
『コニールは少し気持ちが穏やかで無いのかもしれません。お二人はそんな彼女をどうか励ましてあげて下さい。』
直接そのようなお言葉を賜った私とミリィは、これが切欠で彼女と深く関わりを持つようになっていく。
『よろしくな、コニール!私はカガリだ!分からない事があれば、何でも直ぐに聞いてくれ!』
自分も宮中に来てまだひと月も経ってはいなかったが、日々のお勤めにも慣れてきた頃の事。
後輩が出来た事が嬉しくて、意気揚々と彼女に自己紹介、先輩として大きく胸を張ったのだ。
とはいえ万事が順調ではなく、当初は強情なコニールに手を焼き、時に言い合いをしたりもして・・・。
だが日々の勤めを繰り返す内に、私とミリィそしてコニールは次第に打ち解けあい、今では良き女房仲間となっていたのだ。
そんなある日の朝の事。
今だ寝起き姿のまま、どうにもぼんやりとした顔つきで座り込んで
いたコニールに、私とミリィは小首を傾げた。
「何処か身体の具合でも良くないのか?」
「う・・・ん。」
「大丈夫?良かったらもう少し横になっているとか?」
だが彼女は首を横に振り『大丈夫だから』と言うと、のっそりとし
動きでもって起き上がる。
そうして着替えを始めたものの・・・これまた何処か上の空状態!
「コニール?本当に大丈夫なのか?」
「無理しては駄目よ?体調が悪いのならばその様に言って、御休みを貰えば良いんだから!」
「う・・・ん。大丈夫。本当に・・・大丈夫だから。」
だが先程と何ら変わり無く、大丈夫と繰り返す彼女。
その目つきは大きく宙を泳ぎ、明らかに視点が定まっていないというのにである。

~間に紆余曲折を経て・・・~

幸いにも其処にあった庭木がクッションとなり、倒れこんだ両手や両膝を守ってくれたらしい。
やや枝先がチクリと皮膚を突きはしたが、さしたる怪我も無く、ただぶつかった拍子に大きくグラついた頭の冠。
私はそれを押さえつつ、とりあえずゆっくりと身を起こした。
・・・一体何なんだ!?
何かがいきなり真横から飛び出てきたが、それは果たして・・・!?
ゆらりと見上げたその先に、何やら黒い影が目に入った。
それはどうやら人のようだが・・・?
瞬間、自分はただただ両目を見開き固まる!
・・・何故ならばだ!?
「大丈夫でしたか!?」
同じく頭部を押さえつつ、此方に向かいそう尋ねてきたその人は?
見事に均整の取れた身体つきに、思わず見惚れる程に綺麗なその瞳!
この月夜の闇の中、浮かび上がる姿形と今この耳に聞こえた声!
それは正に!?
・・・あ、あ、あ・・・!?
この思いもよらぬ遭遇に、私はもう頭の中が真っ白。
だって、まさか本当にこんな所で『彼』と遭遇しようだなんて!?
「すみません。ちょっと・・・足がもつれてしまい・・・。」
何処か上擦ったようなその声音は、珍しく彼の動揺ぶりを表しているようだった。
驚きに目を瞠った私の手前、申し訳ないという顔つきで此方を見つめているその人!
・・・ア、アスラン・・!?
ぶつかった痛みに顔を顰めつつ、私はこのあまりに信じられない遭遇に、ただただ驚き唖然となる。
いや、まさかのまさか!?
・・・今、こんな所で彼と遭遇しようとは!?
地面に倒れこんだまま、私は驚きに大きく身を固める。
ぶつかったと思しき腹部を片手で押さえつつ、自分を見つめている彼。
その姿形は、何処からどう見てもアスランにしか見えないのだが!?



・・・といった内容です。
最初の方はほとんどアスカガ色出てませんが、最後の方は無茶苦茶濃い。
まあ、面白おかしく読んで頂けるお話だと思います。
 
通販は、同時に以下の物もご注文頂けます。
 
☆(アスカガ平安時代パロ)『花橘の重ね 上ノ巻』 850円 (残10冊)

☆(DESTINY以後短編小説集)『彼・彼女的嗜好』 400円

☆(アスカガ高校生パロ)『BUD OF LOVE』 250円 
 
何か繊細についてお聞きしたい事があれば、何なりとお申し出下さいませ。
それから、アスカガオンリーイベント『アルビレオ』にて無料配布した(アスカガ社会人パロ『十三夜』設定)『熱伝導』を付けて欲しいと言う方がおみえでしたら、ご注文の際にお申し出ください。
(自家製印刷ではありますが)商品に添付させて頂きますので!
 
以上、お知らせでした!

     

拍手[0回]

02/26/22:34  発送のご連絡

通販の申し込みをして下さったT辺様。
本日26日の午後3時頃、商品の方を発送いたしました。
到着までには数日かかると思われます。
今しばらくお待ちくださいませ!

拍手[0回]